高松中央高等学校サッカー部とは

  平成3年創部。近所の中学生(サッカー少年)の次なるサッカー環境として、

 高松中央高校に在学するサッカー仲間の学びの場として、さらには、サッカー部
 卒業生、関係者の心のよりどころとして、地道に活動している。
  平成23年度、香川県高校サッカー選手権準優勝を最高戦績とし、闘いのシーン
 を全国の舞台へと夢見る。そして、問い続ける。私たちの目指すべきサッカーとは
 何か。本当の勝利とは何か。
  生きたサッカーがしたい。良いチームでありたい。人として誰からも信頼される
 プレーヤーになりたい。平成24年春、そのための絶対的な答えに出会った。それは、
 自らの弱点から逃げず、サッカーそして人生と真剣に向き合い対話することだ。
  「歩」はいつか「と金」になる。私たちはそう信じて今日も闘う。

 

 公式戦 大勝負の前にうたう歌
  
       私たちの望むものは負ける苦しみではなく、
       私たちの望むものは勝利の喜びなのだ。
                  ~何度でもくり返す~

           岡林 信康「私たちののぞむものは」サビの部分の替え歌

スクロールのタイトルです。

部活紹介