本文へジャンプ

緊急時の対応について

台風・大雨・大雪の場合

非常変災(台風・雪等)に対する対応

 <基本的考え方>

  大雨、洪水、暴風、大雪 のいずれかの警報が、

  香川県全域、香川県東部(高松市を含む)で発令されている間は、登校しない。

 

  1. 午前6時の時点で、警報が発令されている場合「自宅待機」 
  2. 午前10時の時点で、警報が継続して発令されている場合は「臨時休校」
  3. 午前10時までに警報が解除された場合、もしくは、警報から注意報に変わった場合は、その時点から 安全に留意し登校する。

  ※ 交通機関の乱れ等で登校できない場合や遅れる場合は、必ず学校に連絡すること。

 

地震が発生した場合

「注意情報」「予知情報」が発令された場合、基本的に授業は行いません。

  1. 在宅時に「注意情報」「予知情報」が発令されたときは、 「注意情報」「予知情報」が解除されるまで、あるいは災害が落ち着くまで登校しないで下さい。
  2. 登下校中に「注意情報」「予知情報」が発令されたときは、原則として速やかに帰宅して下さい。ただし状況によっては最寄りの避難場所へ避難して下さい。
  3. 登校後に上記情報が発令された場合、学校の指示に従い、速やかに行動してください。

地震・火災など自宅が災害にあったとき

「注意情報」「予知情報」が発令された場合、基本的に授業は行いません。

  1. 家族が協力し合って、自分自身と家族、地域住民の安全確保に努めて下さい。
  2. 落ち着いた段階で学校に安否を知らせ、当面の対応について指示を受けて下さい。
  3. 学校の再開については、災害が落ち着いた時点で別途指示するので、それまでは自宅待機とし、自宅や地域の復興に協力して下さい。
  4. 被災地の復興には地域住民の協力が欠かせません。中でも若者は大きな力となります。健康に支障がない限り、地域住民としての自覚を持ち、積極的に復興に協力しましょう。

ページ上部へ戻る