本文へジャンプ

商業科 [ビジネスコース] [情報コース]

入学した時は、みんな同じスタートライン。在学中に資格を取得し、就職や進学を目指します。

将来をみすえた実践的カリキュラムで広がる、君の可能性。

「社会から必要とされる人になりたい」高松中央の原点はここにあります。

商業科では、国語、数学、英語など中学校で学んだ科目に加え、社会に出てから必要となるマナーや、ビジネスに関する専門知識や技術などの商業に関する科目を学びます。2年次からは“ビジネス”と“情報”の2つのコースに分かれ、専門分野に特化した学習を行います。
さらに、さまざまな検定に合格することによって、社会に出て即戦力となれる能力を身につけていきます。近年では、より高度で専門的な知識をつけるために、専門学校や大学に進学する生徒も増えています。

ビジネスコース

  • 多様化するビジネス環境に対応するため流通経済を学び、商品開発に取り組む。
  • 民法、商法を通してビジネスに必要な法規の知識を学び、法律的に経済事情を判断する能力を身につける。
  • 検定習得を目指す。

情報コース

  • 1年次の簿記の学習をさらに深め、財務諸表の作成、財務分析など財務の基礎を学習。
  • 専門性の高いカリキュラムの中で、コンピューターの利用技術を習得し、情報管理及び活用する知識を身につける。
商業科(カリキュラム例)
1年次 共通 国語総合、現代社会、数学Ⅰ、体育、保健、音楽Ⅰ/美術Ⅰ/書道Ⅰ、英語Ⅰ、家庭総合、ビジネス基礎、簿記、情報処理、総合的学習、HR
2年次 ビジネス 国語総合、世界史A、日本史B、数学Ⅰ、理科総合B、体育、保健、英語Ⅰ、英語Ⅱ、家庭総合、商品と流通、商業技術、簿記、情報処理、HR
情報 現代文、日本史B、数学A、生物Ⅰ、体育、書道Ⅰ、英語Ⅱ、課題研究、総合実践、商業技術、経済活動と法、文書デザイン、HR
3年次 ビジネス 国語総合、世界史A、日本史B、数学Ⅰ、理科総合B、体育、保健、英語Ⅰ、英語Ⅱ、家庭総合、商業技術、簿記、情報処理、ビジネス情報、HR
情報 現代文、日本史B、数学A、生物Ⅰ、体育、書道Ⅰ、英語Ⅱ、課題研究、総合実践、会計、文書デザイン、プログラミング、HR

 

取得できる主な資格について

●簿記実務検定
教科書にもとづいて出題される基礎・基本を重視した試験で、日頃の学習成果を測り、だらにビジネス社会で求められる知識やスキルを身につけた人材の育成と、キャリア・アップを目的として実施される検定試験です。
簿記とは… 会社で行われる取引を一定のルールに従って帳簿に記録し、それを一定の報告書(財務諸表)の形にまとめ、利益の金額や所有する財産の状態などの情報を、企業の内外に提供するためのものです。
●商業経済検定
下記の5科目の検定によって、国内問題や国際情勢を正しく理解することができる能力を身につけます。
■ビジネス基礎 ■マーケティング ■商品と流通 ■国際ビジネス ■経済活動と法
●珠算・電卓実務検定
ソロバンや電卓を利用し、実務計算処理能力を判定する検定です。計算能力を問う「普通計算部門」と、ビジネスに必要な計算の知識を問う「ビジネス計算部門」の2つの部門があります。

他にも
●英語検定
●情報処理検定
など、さまざまな検定が受けられます。

メッセージ

現役生からのメッセージ

  商業科 情報コース 3年

充実した環境の中、先生方がとてもわかりやすく丁寧に指導してくれるので、資格取得という自分の目標に向けて、しっかりと勉強に励むことができます。もう一つの目標は所属する卓球部でのインターハイ出場!文武両道を目指しています!!

 

現役生からのメッセージ

  商業科 情報コース 3年

 

簿記、情報処理、ワープロなど、商業科ではたくさんの資格を取ることができます。私自身もたくさんの資格を取得することができ、現在は、さらに難しい資格を取得した上での希望大学合格を目指し、自分にチャレンジの毎日です。

教諭からのメッセージ

商業科 教諭
現在はモノやサービスの売買で成り立つビジネス社会です。商業科では、そんな社会に不可欠なビジネスの知識や技能を幅広く学びます。まずは資格取得を目指し検定にトライ。そして、実社会で活かせる知恵と力を身につける!これが、大きな目標です。

ページ上部へ戻る